韓国語勉強コラム

ハングル文字の一覧表まとめ【読み方や覚え方なども紹介】

韓国語を勉強してみたいけどハングルってどうやって読むの?読み方や覚え方を教えてほしい!
ゆかり
ゆかり
こんにちは!Korean Withのライターのゆかりです。2008年から韓国語を勉強し始め、韓国語学習を網羅し韓国語能力試験(TOPIK)6級を取得。現在は韓国語講師や翻訳の仕事をしながら、Korean Withにて長年の学習経験や体験をもとに韓国語の学習のお悩み解決や上達させるコツなどを解説しています。

今回は、ハングルを一覧表にまとめて読み方や覚え方なども解説していきます。

「韓国語が理解できるようになりたい!」と思ったら「ハングルを覚えること」は避けて通れない道です。

日本語は「あいうえお」、英語は「アルファベット」を覚えるのと同様に韓国語を始めるにあたって、ハングルを覚えることは最も重要になります。

ハングルは丸や四角など、独特な文字を使うので記号や暗号のように見えてしまい、学習を始める前から難しく感じてしまう方もとても多いですが、実はハングルは構造としくみさえ覚えてしまえば、簡単に読むことができる文字なんです。

しかし、ハングルは韓国語を理解するための基本的な知識となるため、丁寧に覚える必要があります。

ハングルを覚えてからが韓国語のスタートラインに立ったと言えるでしょう。

そこでこの記事では、ハングルが正しく身に付けられるように、ハングルの基礎知識から一覧表、覚え方までハングルを徹底解説していきます。

韓国語で「시작이 반이다」「始めが半分だ」(直訳:始めたら半分達成したのと同じ)ということわざがありますが、まさに韓国語のハングルを覚えてしまえば、だいぶ韓国語マスターに近づきますよ。

これから韓国語の勉強を始めてみたい方、ハングルがなかなか覚えられない方は必見です。ぜひ、最後まで読んでみてくださいね。

おすすめオンライン韓国語教室
無料体験レッスン実施中!

詳細記事:韓国語教室K Village Tokyoの口コミ・評判【徹底調査】

ハングルに関する基本情報

 ハングルに関する基本情報ここでは、ハングルに関する基本情報をお伝えしていきます。

まず、ハングルの勉強を始めるにあたって最も大切なのは、「ハングルの基本と文字の構造を理解すること」です。

「ハングル(한글)」とは、韓国語と朝鮮語を表す文字のことを言い、日本語で言う「ひらがな」や「カタカナ」にあたる文字のことです。

一見、暗号のような記号のように見えますが、丸や四角のような左側にある文字が「子音」、縦や横の棒のような右側にある文字が「母音」で文字が構成されいて、その子音と母音が組み合わさって一つのハングルとなります。

子音+母音を組み合わせると 「ㅅ+ㅏ=사」は「s+a=sa」のように英語のアルファベットのように覚えることができます。

「ハングルってこういう仕組みの文字なんだ!」と理解してみることから始めると、より一層韓国語の勉強が楽しくなるはずですよ。

ハングル文字の読み方

 ハングル文字の読み方

上記でハングルの構造をお伝えしましたが、ここでは「ハングルの読み方」を詳しく解説します。

まず、ハングルの母音と子音を覚えましょう。ハングルの母音と子音は以下の通り

ハングルの母音と子音
  • ハングルの母音は、「ㅏ(a)・ㅑ(ya)・ㅓ(eo)・ㅕ(yeo)・ㅗ(o)・ㅛ(yo)・ㅜ(u)・ㅠ(yu)・ㅡ(eu)・ㅣ(i)」の10個。
  • 合成母音が「ㅐ(ae)・ㅒ(yae)・ㅔ(e)・ㅖ(ye)・ㅘ(wa)・ㅙ(wae)・ㅚ(we)・ㅝ(wo)・ㅞ(we)・ㅟ(wi)・ㅢ(ui)」の11個。
  • 子音は、平音は「 ㄱ(k/g)・ㄴ(n)・ㄷ(t/d)・ㄹ(r/l)・ㅁ(m)・ㅂ(p/b)・ㅅ(s)・ㅇ(無)・ㅈ(ch/j)・ㅎ(h)」の10個。
  • 激音は「ㅋ(k)・ㅌ(t)・ㅍ(p)・ㅊ(ch)」の4つ。
  • 濃音は「ㄲ(kk)・ㄸ(tt)・ㅃ(pp)・ㅉ(tt)・ㅆ(ss)」5個

ハングルは大きく分けると「子音+母音」、「子音+母音+子音(パッチム)」の2パターンの組み合わせで文字が成り立っていて、読み方は文字の最初にくる子音を「初声」次にくる母音を「中声」、母音の次にくる子音(パッチム)が「終声」となります。

読み方の例を挙げます。

パターン1の「子音+母音」での組み合わせ「나」という文字で例を挙げると、「ㄴ」は「ㄴ(n)+ㅏ(a)=나(na)」となり「ナ」と読むことができます。

パターン2の「子音+母音+子音(パッチム)」の組み合わせ「물」という文字で例を挙げると、「ㅁ(m)+ㅜ(u)+ㄹ(r)=물(mur)」となり「ムㇽ」と読めます。

このようにハングルは、母音と子音さえ覚えればどんな組み合わせでも読めるようになるのが特徴です。

ハングル文字一覧表

ここまで、ハングルの構造、読み方を解説してきました。

ハングルは子音と母音を組み合わせて1つの文字になることがお分かりいただけたかと思います。

ここでは、ハングルの母音と子音を組み合わせてできている文字をまとめた表を見ていきましょう。

縦が「母音」、横が「子音」になっています。わかりやすいように発音はローマ字表記にしてあるので、読んで練習してみてくださいね。

※激音、濃音を練習したい場合は「ㅋ(k)・ㅌ(t)・ㅍ(p)・ㅊ(ch)」、濃音は「ㄲ(kk)・ㄸ(tt)・ㅃ(pp)・ㅉ(tt)・ㅆ(ss)」に横軸を変えてみてください。

ㄱ(k/g) ㄴ(n) ㄷ(t/d) ㄹ(r/l) ㅁ(m) ㅂ(p/b) ㅅ(s) ㅇ(無) ㅈ(ch/j) ㅎ(h)
ㅏ (a)
ㅑ(ya)
ㅓ(eo)
ㅕ(yeo)
ㅗ (o)
ㅛ(yo)
ㅜ (u)
ㅠ(yu)
ㅡ (eu)
ㅣ  (i)

この一覧表は、日本語の50音にあたる「音節表」で韓国語では「反切表」(반절표:パンジョルピョ)といいます。

「反切表」を使って母音と子音の組み合わせを覚えてみましょう。

ハングル文字の覚え方

ここからは、ハングルの覚え方を紹介していきます。

冒頭でもお伝えしたように、韓国語学習のまずはじめの一歩は、ハングルの勉強から始まります。

ハングルの「母音」「子音」「パッチム」の構造と「発音」を覚えることが「韓国語の全て」と言っても過言ではないくらいハングルの勉強は重要です。

以下では、ハングルおすすめの覚え方をまとめたので、参考にしてみてくださいね。

ハングルおすすめの覚え方
  1. 反切表を活用する
  2. 繰り返し読む
  3. ハングルで書いてみる

1.反切表を活用する

反切表を活用する1つめは、反切表 (はんせつひょう)を活用することです。

反切表は、先ほどのハングルの母音や子音の組み合わせの一覧表です。

子供の頃、日本語のあいうえお一覧表でひらがなを覚えたように、ハングル一覧表の「反切表」をまるごと暗記してみてください。反切表は、ハングルの組み合わせを覚えられる上に、発音の練習もできます。

ハングルを完璧に覚えて発音できるまでは、反切表は繰り返し何度も見返しましょう。

初心者向けの韓国語の教科書や参考書には必ず「反切表」が載っていますし、インターネットで簡単にダウンロードもできます。

「発音のローマ字表記があるもの・ないもの」「基本母音・子音しか載ってないもの」など反切表によっては様々なので、自分が見やすく分かりやすい反切表を選びましょう。

厳しいかもしれませんが、ハングルが読めなければ、韓国語の勉強は何も始められません。

反切表は、何よりも分かりやすくハングルを覚えられるすばらしい表です。ぜひ、活用してくださいね。

2.繰り返し読む

繰り返し読む

2つ目は、繰り返し読むことです。

日本語は母音が5個、子音が19個なのに対し、韓国語は母音は基本母音と合成母音を合わせて21個、子音は平音、激音、濃音合わせて19個もあります。

これを見ても分かるように、日本語にない発音がたくさんあるため、ハングルを読むのは慣れるまでは難しく感じてしまうでしょう。

しかし、何度も練習してコツをつかんでいくと上手に発音できるようになってきます。

発音のコツも紹介していますので、母音の覚え方や子音の覚え方をさらに詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

韓国語の基本母音を覚えよう!【学習者が徹底解説】
韓国語の基本母音を覚えよう!全10種類【学習者が徹底解説】この記事では、韓国語の基本母音を発音の仕方のポイントから覚えるための方法まで徹底的に解説しています。これから韓国語を始める方、どうやって韓国語の勉強を始めようか悩んでいる方はぜひこの記事を参考にしてみてください。...
韓国語・子音の覚え方を学習者が徹底解説!【これだけ分かればOK】
韓国語・子音の覚え方を学習者が徹底解説!【これだけ分かればOK】この記事では韓国語の子音について初心者でも分かりやすく解説しています。子音を覚えることはこれから韓国語を始める方にとっては非常に重要です。記事後半には子音を覚える方法も紹介していますので、韓国語の子音をマスターしたい方はぜひ参考にしてみてください。...

3.ハングルで書いてみる

ハングルで書いてみる3つ目は、ハングルで書いてみることです。

まだ、初心者の方は韓国語の単語を知らない方がほとんどだと思います。そこでまずは、ハングルを使って自分の名前や住んでる場所などを書いてみることがおすすめ。

例えば、名前なら「ゆかり」を「우카리」「東京」を「도쿄」大阪を「오사카」など、反切表を見ながら練習してみましょう。

最近は、韓国ブームということで、テレビやSNS、お店の商品でもハングルを見る機会が増えました。気になったハングルを真似して書いてみるのも良い練習でしょう。書いているうちにハングルが身に付き、どんな組み合わせのハングルも読むことができるようになるはずです。

本格的な韓国語学習に入る前の準備として、ハングルでたくさん書く練習をしてみてくださいね。

【おすすめ】韓国語を学ぶならオンライン受講もできるK Village

「韓国語を理解できるようになりたい」「韓国語を話せるようになりたい!」と考えている方が効率よく、挫折せずに学習を続けられる方法は韓国語教室に通うことです。

韓国語教室では、「韓国語を基礎から覚える方法」があり、「韓国語講師から楽しみながら学べる」というメリットがあります!
韓国語教室で学ぶメリット

  • 韓国語初心者でも基礎から学べるカリキュラムがある
  • 韓国人講師から本場の韓国語を学べる
  • 会話形式で学んでいくので楽しみながら学べる
  • 韓流ドラマや韓国語文化も触れながら学べる
  • オンライン・通学とニーズに応じて選べる

韓国語学習を始める上で大事なのは「基礎をまずは身につけること」です。多くの人はこの基礎学習で挫折をしてしまったり、時間を掛けすぎて思うように習得できなかったりします。

韓国語教室を活用すれば挫折せずに無駄なく、そして楽しみながら学ぶことができます!

多くの韓国語教室がありますが、Korean Withがおすすめするのは日本最大級の16校舎展開・オンラインでも学べるK Villageです。

業界最安値の韓国語教室K Village
Korean With編集部ではこれまで50以上の韓国語教室を紹介してきましたがその中でも最もおすすめできる教室です!
K Villageのおすすめポイント

  • 全国16校舎展開の日本最大級の韓国語教室で実績がある
  • 1回550円〜とレッスン価格がリーズナブル
  • 教室受講以外にもオンラインでのレッスン受講もできる
  • アットホームな雰囲気で楽しみながら韓国語上達ができる
  • マンツーマン・グループと受講スタイルを選べる

様々な韓国語教室がありますが、生徒満足度が95%と非常に高く、在籍生徒数もNo.1。優秀な講師から楽しく韓国語を学ぶことができます。

独学での学習やアプリ、教材、書籍での学習で韓国語を習得することは出来ますが、「効率よく韓国語を学びたい」「楽しみながら韓国語を学びたい」と考えている方は、1回550円〜レッスン受講できるK Villageをチェックしてみて下さい!

無料体験レッスンを実施しているので、オンライン・校舎で気軽に体験を受けて話を聞いてみるのがおすすめです。

※以下の公式サイトより無料体験の申込みができます。

K Villageの公式サイトをチェック!

韓国語教室K Village Tokyoの口コミ・評判【徹底調査】
韓国語教室K Village Tokyoの口コミ・評判【徹底調査】この記事では、韓国語教室のK Village Tokyoの特徴や口コミを徹底調査して詳しくまとめました!K Village Tokyoでの受講を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください!...

まとめ:ハングル一覧表でハングルを覚えてみよう!

今回は、ハングルを一覧表にまとめて読み方や覚え方なども解説してきました。

ハングルは一見難しそうに見えますが、一覧表にしてみると組み合わせた文字と発音もすぐ確認できるので覚えやすいですよね!

「韓国語を勉強してどうなりたいか」は、人それぞれ目的は異なり学習方法もさまざまありますが、「ハングルを覚えること」は韓国語を勉強するにあたって、どんな目的の人にも共通して通過しなければならない道です。

ハングルを覚えたら自信がつき、韓国語が少しずつ理解できるようになるのでどんどん勉強が楽しくなるでしょう。

今回紹介したハングル一覧表の「反切表」を使ったり、お気に入りの勉強方法を見つけて、楽しみながらハングルを覚えてみてくださいね!

また、覚えたハングルをオンラインレッスンを通してアウトプットすることで、更に使える知識にすることが可能です。以下の記事でオンラインレッスンについて詳しく説明しており教室の紹介もしています。

気軽に体験受講をしてみましょう!

オンラインレッスンが受講できる韓国語教室おすすめ6選【徹底比較】
オンライン韓国語教室・講座おすすめ11選【徹底比較】この記事では、オンラインで韓国語を学べる講座を提供している教室・スクールを徹底比較してまとめました。韓国語のオンラインレッスンを提供している教室を探されている方は、ぜひ参考にしてください!...

また、楽しみながら韓国語を学びたい方や効率的に韓国語スキルを身に付けたい方は、ぜひ下記の記事もチェックしてみてください。

韓国語・カナダラの覚え方を徹底解説!【学習経験者が紹介】
韓国語・カナダラの覚え方を徹底解説!【学習経験者が紹介】この記事は、韓国語の基礎となる「カナダラ」について詳しい説明からおすすめの覚え方まで徹底解説しています。韓国語をこれから始めてみたい方、ハングルが覚えられなくて悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。...
KPOPオタクのおすすめ韓国語勉強法を紹介【これだけ抑えればOK】
KPOPオタクのおすすめ韓国語勉強法を紹介【これだけ抑えればOK】この記事では、 KPOPオタクやKPOPアイドルが好きな方に向けた韓国語が楽しく学べるおすすめの勉強法とおすすめのアプリを紹介しています。KPOPが好きで韓国語の勉強を始めてみたい方、学習法に悩んでいる方はぜひこの記事を参考にしてみてください。...
韓国語の基本単語を徹底まとめ【すぐに使える!30選】
韓国語の基本単語を徹底まとめ【すぐに使える!30選】この記事では、韓国語の基本単語をまとめて紹介していきます。日常会話によく出てくる単語を厳選して解説しているので「韓国語を勉強している方」は、ぜひ参考にしてみてくださいね!...
ABOUT ME
ゆかり
ゆかり
今までの人生で偶然にも韓国の方に関わる機会がたくさんあり、韓国に興味を持ったのがきっかけで韓国語を学び始めました。 現在はフリーランスで、Korean Withで記事執筆をはじめ、韓国のECサイトで翻訳業務、韓国ドラマの配給会社で字幕の校正、韓国語初心者向けのオンラインレッスンの講師をしてます。 TOPIK6級を取得していますが、さらに韓国語スキルアップのために日々勉強中!
RELATED POST