韓国語勉強コラム

韓国語の数字の覚え方を解説!おすすめの歌も紹介【4選】

韓国語の数字がなかなか覚えられない…。数字の覚え方が知りたいな!
ゆかり
ゆかり
こんにちは!Korean Withのライターのゆかりです。2008年から韓国語を勉強し始め、韓国語学習を網羅し韓国語能力試験(TOPIK)6級を取得。現在は韓国語講師や翻訳の仕事をしながら、Korean Withにて長年の学習経験や体験をもとに韓国語の学習のお悩み解決や上達させるコツなどを解説しています。

今回は、韓国語の数字の覚え方を徹底解説していきます。

数字は、日にち、時間、お金、年齢、ものを数えるときなど日常生活の中でよく使いますよね。

韓国語でも数字を覚えておけば、会話や文章、旅行などの様々な場面で使えるでしょう。数字は覚えておきたいところですよね!

しかし、韓国語の数字には「漢数詞」と「固有数詞」の2種類があり、韓国語学習者は数字に関して「なかなか覚えられない」「漢数字と固有数詞の使い分けがいまいち理解できない」と数字で苦労する方が非常に多くみられます。

数字はたくさん読んで暗記したり、実際に使って慣れて覚えたりする方法がありますが、その方法でなかなか覚えられない方は多いです。

そこで、今回の記事では韓国語の数字の覚え方を徹底解説していきます。記事後半には数字が楽しく覚えられる歌も紹介していきますので、ぜひ最後まで読んで韓国語の数字をマスターしちゃいましょう。

おすすめオンライン韓国語教室
無料体験レッスン実施中!

詳細記事:韓国語教室K Village Tokyoの口コミ・評判【徹底調査】

 韓国語の数字に関する基礎知識【覚える前に知っておこう】

韓国語の数字に関する基礎知識【覚える前に知っておこう】ここでは、韓国語の数字についての基礎知識を解説します。

韓国語の数字には、漢字の音読みにあたる「漢数詞」とハングルで独自に作られた「固有数詞」の2種類があります。

韓国語では「いち、に、さん…」と数えるときは漢数字を使い、「ひとつ、ふたつ、みっつ…」と数えるときは固有数詞を使います。

日本語も数字を使うとき「いち、に、さん…」と数字を数えるときもあれば、「ひとつ、ふたつ、みっつ…」と数えるときがあります。意識はしてませんが、日本語でも日常生活の中で自然と数字の数え方を使い分けてますよね。韓国語もそれは同じです。

しかし、韓国語になるとこの「漢数詞」と「固有数詞」使い分けがとても難しく感じてしまい、上級になっても数字に関して苦労している方が非常に多いです。

漢数詞と固有数詞の使い分けは慣れるしかありません。数字は避けては通れない大事な学習ですので一気に覚えようとせず、根気強く繰り返し練習することが大切です。

 韓国語の数字の覚え方

ここからは、韓国語の数字の覚え方を紹介していきます。

漢数詞の「いち、に、さん…」で覚える方は、漢字が由来なので日本人には馴染みがあり、比較的覚えやすいですが、固有数詞の「ひとつ、ふたつ、みっつ…」は特に覚えるのに時間がかかり、苦手と感じている方がほとんどです。

また、数字を使うシチュエーションになっても「どっちを使うんだっけ?」と悩んでしまうでしょう。

以下では、効率よく数字を覚えるおすすめの方法をまとめてみたので、数字で苦労してる方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

韓国語の数字の覚え方
  1. 数字を使って文章を作ってみる
  2. シチュエーション別に覚える
  3. 繰り返し聞いて読む練習をする

1.数字を使って文章を作ってみる

数字を使って文章を作ってみる

一つ目は、数字を使って文章を作ることです。

冒頭にもお伝えしたように、数字に関しては「慣れる」ことが最も重要です。

数字は日常生活のあらゆる場面で使います。語学は自分に関することが記憶に定着しやすいので、自分の生活に関することで文章を作ってみましょう。

例えば、「今日の日付」「起きた時間」「自分や家族の年齢」「約束の日時」「お金をいくら使った」「何ページ勉強した」など数字を使った文章を作ってみてください。一日のうちに数字に関する出来事がたくさん見つかるでしょう。

始めのうちは、漢数詞と固有数詞の使い分けに迷ってしまうかもしれませんが、慣れていくうちに考えなくても、漢数詞と固有数詞の使い分けが分かってくるはずです。

2.シチュエーション別に覚える

シチュエーション別に覚える二つ目は、シチュエーション別に覚えることです。

数字は、書いてただ文字を読む練習をしても身に付いていないケースが多いです。

どういった場面で「漢数字」「固有数詞」を使い分けるかが、数字をマスターする上で非常に重要になります。旅行ガイドブックなどにシチュエーション別で例文などが載っていることが多いので、参考にするのもおすすめです。

下記で覚えるコツをまとめてみましたので、見てみましょう。

数字を覚えるコツ
  • 漢数詞:日にち、値段、番号、何分何秒、パーセントなどを数えるときに使う。
  • 固有数詞:年齢、何時、回数、人数、〜個、〜杯、〜冊、〜匹、〜枚などを数えるときに使う。

使い分けを覚えるのが大変そうと思った方もいると思いますが、数字は何度も使って慣れるしかないのです。

覚え方のポイントとしては、「目に見えるものを数えるとき」は固有数詞を使うこと。年齢、回数は例外として目に見えないですが、「目に見えるもの=固有数詞」と覚えておくと分かりやすいでしょう。

3.繰り返し聞いて、読む練習をする

繰り返し聞いて、読む練習をする

三つ目は繰り返し聞いて読む練習をすることです。

韓国語の数字は、発音変化がとても多いので、書いてある文字を覚えただけでは実際に発音を聞いた時に「全然聞き取れない…」ということがよくあります。

例えば、韓国語で漢数字「1」は韓国語で「일」(イル)です。「1月」と表現する場合、韓国語は「1」の「일(イル)」と「月」の「월(ウォㇽ)」で、「イルウォㇽ」となりそうですが、連音化が起こるので発音は「イロㇽ」となります。そのため、「1」の「일」(イル)だけ単体で覚えても、活用すると何を言っているのか聞き取れません。

また、固有数詞も同様に発音変化する場合が多いです。

一つひとつ覚えることも重要ですが、数字は単体で使うより、「〜日」や「〜時」、「〜個」と使われるケースがほとんどです。そのため、様々な助数詞と一緒に覚えることをおすすめします。繰り返し聞いて読んでるうちに、発音変化のコツもつかめるようになるでしょう。

固有数詞は助数詞がつくと一部の数字が変化するものもあるので、特に難しく感じてしまうかもしてません。Korean Withでは、固有数詞の覚え方の記事も用意しているので、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

韓国語・固有数詞の覚え方を徹底解説!【学習経験者が教える】
韓国語・固有数詞の覚え方を徹底解説!【学習経験者が教える】この記事では数字の中でも難しいとされる「固有数詞」の覚え方を徹底解説しています。韓国語初心者の方から長年勉強しても固有数詞が覚えられない方まで役に立つ内容になっているので、固有数詞をマスターしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。...

 韓国語の数字が覚えられるおすすめの歌【4選】

ここからは、韓国語が覚えられるおすすめの歌を紹介します。

日本でも子供が数字を覚えるための歌があるように、韓国でも子供が数字を覚えるための可愛らしい歌がたくさんあります。

覚えやすく、耳に残りやすい歌が多いのでリズムに乗りながら楽しく数字を覚えることができるでしょう。

以下で、おすすめの歌を紹介しますので、ぜひ覚えやすい曲を見つけてみてくださいね。

韓国語が覚えられるおすすめの歌
  1. 뽀로로(ポロロ)
  2. 엔토이(エントイ)
  3. 영심이(ヨンシミ)
  4. 핑크퐁(ピンクポン)の숫자송(スッチャソン)

1.뽀로로(ポロロ)

뽀로로(ポロロ)「뽀로로(ポロロ)」は、韓国で大人気の子供向け番組の主人公で、「子供たちの大統領」と呼ばれているくらい韓国の子供から絶大な人気があります。韓国の子供なら誰でも知っているキャラクターです。

このポロロrが1〜20までの数字を覚えやすいように歌ってくれています。子供でも歌えるテンポで、口ずさみやすいメロディなのが特徴です。

また、漢数字、固有数詞を同時に覚えられるようになっているリズムに乗せながら、数字を使って果物、野菜の単語も一緒に覚えられるのが良いでしょう。韓国語の勉強に一石三鳥の歌です。

ハングルが覚えられる別のバージョンもあり、뽀로로シリーズは韓国語入門者や初心者におすすめです。とっても可愛いのでぜひ、一度YouTube動画を見てみてくださいね。

2.엔토이(エントイ)

엔토이(エントイ)「엔토이(エントイ)」は、子供向けに作られた学習ソングのことで、宇宙人のような可愛いキャラクターが韓国語を覚えるために、語呂合わせの歌を歌っています。

エントイは、「漢数詞」がリズムに乗って覚えられる構成になっています。子供向けに作られているので、映像も歌声もアニメのようで可愛らしいのですが、歌詞は韓国の恋愛ドラマに出てくるような甘いセリフを集めたラブソングになっているのが特徴です。

一回聞くと、頭から離れない中毒性があるメロディなので、漢数字を覚えるのと同時にドラマで出てくるようなセリフも自然に覚えられますよ。

エントイは、数字の他にも語呂合わせで、楽しく韓国語が覚えられる動画が数多く、語呂合わせで覚えたい方におすすめです。

3.영심이(ヨンシミ)

영심이(ヨンシミ)「영심이(ヨンシミ)」は、1990年代に放送されていた韓国の人なら誰でも知ってるテレビアニメです。

ヨンシミの歌詞は、「固有数詞」を覚えるためのものです。リズムが一定で子供でも覚えやすく、口ずさみやすいメロディなのが特徴と言えます。

「하나면 하나지 둘이겠느냐(1は1でしょ 2ではないよ)둘이면 둘이지 셋이겠느냐(2なら2だよ 3なわけないよ)」と続き、何度も数字が繰り返されるので、頭に残りやすいです

YouTube動画には字幕がないため、難しいと最初は感じるかもしれませんが、歌詞が同じパターンなので繰り返し聞けば、聞き取れるようになるでしょう。韓国のアニメを知るきっかけにもなるため、気になる方は영심이(ヨンシミ)を聞いてみて下さいね。

4.핑크퐁(ピンクポン)の숫자송(スッチャソン)

핑크퐁(ピンクポン)の숫자송(スッチャソン)「핑크퐁(ピンクポン)」は、韓国の企業がスタートした教育ブランドで、日本ではピンキッツという名称で展開されている子供向けYouTubeチャンネルです。

핑크퐁(ピンクポン)の숫자송スッチャソンとは、핑크퐁(ピンクポン)のチャンネル内にある数字が覚えられる歌のことです。

핑크퐁(ピンクポン)の숫자송(スッチャソン)は、1分程度のすぐに見れる動画から30分程度の長い動画まで、さまざまな動画があります。リズムに乗りながらアニメのような感覚で観れるので、楽しく覚えれるのが魅力です。映像もカラフルでとっても可愛いので、30分もあっという間に過ぎてしまうでしょう。

歌を通して、「漢数詞」「固有数詞」をそれぞれ覚えることができます。自分が勉強したい内容で핑크퐁(ピンクポン)の숫자송(スッチャソン)を検索してみてくださいね。

ハングルの字幕付きなので、数字以外の勉強をしたい方にもおすすめです。

【おすすめ】韓国語を学ぶならオンライン受講もできるK Village

「韓国語を理解できるようになりたい」「韓国語を話せるようになりたい!」と考えている方が効率よく、挫折せずに学習を続けられる方法は韓国語教室に通うことです。

韓国語教室では、「韓国語を基礎から覚える方法」があり、「韓国語講師から楽しみながら学べる」というメリットがあります!
韓国語教室で学ぶメリット

  • 韓国語初心者でも基礎から学べるカリキュラムがある
  • 韓国人講師から本場の韓国語を学べる
  • 会話形式で学んでいくので楽しみながら学べる
  • 韓流ドラマや韓国語文化も触れながら学べる
  • オンライン・通学とニーズに応じて選べる

韓国語学習を始める上で大事なのは「基礎をまずは身につけること」です。多くの人はこの基礎学習で挫折をしてしまったり、時間を掛けすぎて思うように習得できなかったりします。

韓国語教室を活用すれば挫折せずに無駄なく、そして楽しみながら学ぶことができます!

多くの韓国語教室がありますが、Korean Withがおすすめするのは日本最大級の16校舎展開・オンラインでも学べるK Villageです。

業界最安値の韓国語教室K Village
Korean With編集部ではこれまで50以上の韓国語教室を紹介してきましたがその中でも最もおすすめできる教室です!
K Villageのおすすめポイント

  • 全国16校舎展開の日本最大級の韓国語教室で実績がある
  • 1回550円〜とレッスン価格がリーズナブル
  • 教室受講以外にもオンラインでのレッスン受講もできる
  • アットホームな雰囲気で楽しみながら韓国語上達ができる
  • マンツーマン・グループと受講スタイルを選べる

様々な韓国語教室がありますが、生徒満足度が95%と非常に高く、在籍生徒数もNo.1。優秀な講師から楽しく韓国語を学ぶことができます。

独学での学習やアプリ、教材、書籍での学習で韓国語を習得することは出来ますが、「効率よく韓国語を学びたい」「楽しみながら韓国語を学びたい」と考えている方は、1回550円〜レッスン受講できるK Villageをチェックしてみて下さい!

無料体験レッスンを実施しているので、オンライン・校舎で気軽に体験を受けて話を聞いてみるのがおすすめです。

※以下の公式サイトより無料体験の申込みができます。

K Villageの公式サイトをチェック!

韓国語教室K Village Tokyoの口コミ・評判【徹底調査】
韓国語教室K Village Tokyoの口コミ・評判【徹底調査】この記事では、韓国語教室のK Village Tokyoの特徴や口コミを徹底調査して詳しくまとめました!K Village Tokyoでの受講を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください!...

まとめ:韓国語の数字を楽しく覚えてみよう!

今回は、韓国語の数字の覚え方を徹底解説し、記事後半には数字が楽しく覚えられる歌も紹介しました。

数字は日常生活の様々な場面で使います。韓国語で数字を使いこなせるようになれば、会話の幅も広がりさらに韓国語が楽しくなってくるでしょう。

旅行でも数字はいろんなシチュエーションで使いますし、ドラマを見ててもよく出てきます。韓国語マスターになるには、数字は必須です!

今回紹介した韓国語の数字が覚えられるおすすめの歌を参考に、楽しく韓国語の数字を覚えてみてくださいね!

覚えた数字はオンラインレッスンでアウトプットすることでしっかりと使える知識になります。無料体験レッスンを実施しているスクールも多いので、気軽に始めてみましょう。

おすすめオンライン韓国語教室

1回550円!オンラインと全国の教室で無料体験レッスン実施中!

無料体験レッスンはこちら→K Village

詳細記事→韓国語教室K Village Tokyoの口コミ・評判【徹底調査】

オンラインレッスンが受講できる韓国語教室おすすめ6選【徹底比較】
オンライン韓国語教室・講座おすすめ11選【徹底比較】この記事では、オンラインで韓国語を学べる講座を提供している教室・スクールを徹底比較してまとめました。韓国語のオンラインレッスンを提供している教室を探されている方は、ぜひ参考にしてください!...

そのほか、Korean Withでは固有数詞や曜日の覚え方などをご紹介しています。効率的に韓国語の単語を覚えたい方は、こちらの記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

韓国語・固有数詞の覚え方を徹底解説!【学習経験者が教える】
韓国語・固有数詞の覚え方を徹底解説!【学習経験者が教える】この記事では数字の中でも難しいとされる「固有数詞」の覚え方を徹底解説しています。韓国語初心者の方から長年勉強しても固有数詞が覚えられない方まで役に立つ内容になっているので、固有数詞をマスターしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。...
韓国語・曜日の覚え方を学習者が徹底紹介【簡単にマスターできる】
韓国語・曜日の覚え方を学習者が徹底紹介【簡単にマスターできる】韓国語の曜日の覚え方の基礎知識、発音、おすすめの覚え方を紹介しています。韓国語を勉強していく上で、曜日を覚えることは会話やリスニングの上達には必須です。韓国語の曜日をマスターしたい方は、参考にしてみてください。...
韓国語・形容詞の覚え方まとめ!効率的に学ぼう!【学習経験者が徹底解説】
韓国語・形容詞の覚え方まとめ!効率的に学ぼう!【学習経験者が徹底解説】この記事では、韓国語で会話や文章を作る上で、かかせない「形容詞」を徹底解説しています。よく使う韓国語の形容詞を一覧にし、記事後半ではよく使う例文も紹介しています。韓国語の形容詞をマスターしたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。...
ABOUT ME
ゆかり
ゆかり
今までの人生で偶然にも韓国の方に関わる機会がたくさんあり、韓国に興味を持ったのがきっかけで韓国語を学び始めました。 現在はフリーランスで、Korean Withで記事執筆をはじめ、韓国のECサイトで翻訳業務、韓国ドラマの配給会社で字幕の校正、韓国語初心者向けのオンラインレッスンの講師をしてます。 TOPIK6級を取得していますが、さらに韓国語スキルアップのために日々勉強中!
RELATED POST