韓国語留学

韓国留学の奨学金情報まとめ!お金がなくても留学できる方法

奨学金制度を使って韓国留学はできる?奨学金制度や種類について詳しく教えてほしい。
ゆかり
ゆかり
こんにちは!現在、韓国ドラマの字幕の校正や日韓翻訳をしているゆかりです!韓国語をマスターするために、10年以上に渡って様々な韓国語学習を網羅し、韓国語能力試験(TOPIK)6級を取得。Korean Withで自分の経験や体験をもとに、韓国語の学習のお悩みなどを解説しています。

今回は、韓国留学で利用できる奨学金について詳しく解説していきます。

韓国ブームということもあり、韓国に興味を持ち始めて語学留学を考えている人も増えてきました。またお隣の国ということもあり、時差もなく気軽に留学に挑戦できるイメージもありますよね!

しかし、「韓国に留学してみたい!」と思っても「留学」というと、学費、生活費、渡航費などお金がかかるイメージがあり、ハードルが高く感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

せっかく留学したいという意欲があるのに、費用の面で留学を諦めてしまう方も実際多いでしょう。

お金の心配で諦めてしまうのはとても勿体ないですよね。

「お金がない…でも韓国留学したい!」という方のために今回紹介したいのが、韓国留学の際に利用できる「奨学金制度」になります。実は韓国留学には、留学を支援してくれる充実した奨学金制度がたくさんあるんです。留学の夢を実現するためにも、奨学金の情報は知っておきたいですよね。

そこで、この記事では、韓国留学で利用できる奨学金制度を種類別に詳しく紹介していくので、韓国留学の際に奨学金を利用してみたい方や検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめオンライン韓国語教室
無料体験レッスン実施中!

詳細記事:韓国語教室K Village Tokyoの口コミ・評判【徹底調査】

韓国留学の奨学金の種類を解説【給付型・貸与型】

韓国留学の奨学金の種類を解説【給付型・貸与型】まずは、韓国留学で利用できる奨学金について詳しく解説していきます。

「奨学金」とは簡単に説明すると経済的な理由がある学生に、学費の給付や貸与を行う制度のこと。奨学金には「給付型」と「貸与型」の2つの種類があります。以下でそれぞれの特徴を確認してみてくださいね。

給付型

まずは、「給付型」についてです。

返済する必要のない奨学金の事を「給付型奨学金」と言います。

給付型奨学金を受けるには一定の条件や審査があり、選考基準が高く設定されているため、選抜された奨学生のみが給付の対象となります。支給期間は1回でまとめて振り込まれるものもあれば、一定額を毎月振り込まれるものもありさまざまです。

また、毎月の奨学金にプラスして授業料や生活費が支給されるなど、非常に待遇が手厚いので経済的な理由で韓国留学を諦めている方は、一度検討してみるのがおすすめです。

貸与型

次は「貸与型」についてです。

返済する必要のある奨学金を「貸与型奨学金」と言います。

無利子のものと有利子のものがあり、返済能力があると判断された人が貸与型奨学金を受け取る対象となります。貸与型は、在学中には返済の必要がないですが、学校卒業後には借りたお金を返済しなければなりません。

利子付きの奨学金は、借りた額よりも返す額が大きくなるため、無利子の奨学金を希望する人が多いですが、無利子の場合は、経済状況や成績など選考基準が厳しいために、貸与型では、有利子の奨学金を利用している学生がほとんどです。

 韓国留学の奨学金制度【日本学生支援機構】について

韓国留学の奨学金制度【日本学生支援機構】についてここでは、韓国留学に奨学金制度の利用を検討している人なら、知っておいてほしい「日本学生支援機構(JASSO)」の奨学金制度について紹介します。

独立行政法人である日本学生支援機構では、経済的な理由で学ぶことが困難な国内学生だけでなく、韓国など海外に留学をしたいと夢を持っている学生を応援するための奨学金制度も設けています。

日本学生支援機構の奨学金制度は、日本で最も有名な上、利用しやすい奨学金制度なのでこれまでも多くの人が利用しています。給付型奨学金と貸与型奨学金との2種類があり、ほとんどは日本の学校を通じて申し込みをすることが可能です。

給付型と貸与型は、上記でもお伝えしたように条件や審査が異なるので申し込みの際にはしっかり内容をチェックしてくださいね。

 韓国留学の奨学金制度【韓国政府】

 韓国留学の奨学金制度【韓国政府】

日本国内で募集されているものだけではなく、「韓国政府」が直接募集している奨学金制度について紹介します。

韓国政府により定められた38の大学で適応される奨学金制度のことで、 募集人数は多くはありませんが、最長5年間給付されます。韓国では、国際競争力強化のために留学生を積極的に受け入れているため、「給付型」の奨学金制度を設けています。

しかし、返済義務がないという良い点の反面、成績優秀な人材に対して援助をする意味合いが強く、成績が奨学金支給の選考に大きく影響するのが特徴。

英語や韓国語の語学力によって優先度も変わり、年齢制限なども関わってきます。韓国政府の奨学金を検討している方は、早めに対策する必要があるでしょう。

韓国の大使館のホームページなどで情報を確認できますので、気になる方は確認してみてくださいね。

 韓国留学の奨学金制度【その他】

上記では、「日本学生支援機構」と「韓国政府」による奨学金を紹介してきましたが、他にも日本・韓国にそれぞれ奨学金制度はあります。

地方自治体や民間団体の奨学金、各大学・大学院の奨学金、企業や財団法人などが留学を希望する人のために設けている奨学金です。

以下で、具体的に説明しますね。

その他の奨学金制度
  • 日本の地方自治体や民間団体の奨学金
  • 韓国の各大学・大学院の奨学金
  • 韓国の企業や財団法人などの奨学金

日本の地方自治体や民間団体の奨学金

日本の地方自治体や民間団体の奨学金

地方自治体や民間団体の奨学金は、経済的理由で就学が難しい人に対して教育の機会を保障することが目的になっている場合が多いです。

経済的な理由で、進学困難が問題になったことをきっかけに、近年では奨学金の種類が増えています。選考基準や応募資格はありますが、自分に適しているものを探してみると良いでしょう。

韓国の各大学・大学院の奨学金

韓国の各大学・大学院の奨学金

韓国の大学や大学院は、外国人留学生に対する奨学金制度を設けていて、学費の30〜100%を奨学金でまかなえる場合もあります。この奨学金は「給付型」なので返す義務はありません。

種類としては「成績が優秀な学生」「経済的に支援の必要がある学生」「特定の学生」など大学によって、奨学金制度はさまざま。奨学生募集についての情報は、大学・大学院の学生支援センターのホームページに記載があります。気になる方はそちらから確認してみるといいでしょう。

韓国の企業や財団法人などの奨学金

韓国の企業や財団法人などの奨学金

韓国企業や財団法人などの奨学金はほとんどが「給付型」です。月に決まった金額を支給するものや、授業料分をまとめて支給するものなどが様々あります。この奨学金も成績や応募条件などによって選抜されます。

各財団法人のホームページに奨学生募集の記載がありますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

上記を読んでもお分かりいただけるかと思いますが、韓国の奨学金制度を利用できる条件は、「成績」が重要になる場合が多いです。そのためには、韓国語力も必要になるでしょう。

Korean Withでは、韓国語学習に役立つ記事を多数用意していますので、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね!

韓国語が全く話せなくても韓国留学はできる?初心者におすすめ勉強法を解説
韓国語留学を考えている人におすすめできる勉強方法【出発前に準備しよう】この記事は韓国語留学を考えている人におすすめできる勉強方法とシチュエーション別に覚えておきたい韓国語をご紹介しています。韓国留学に興味のある方や留学を検討してる方、韓国語の学習法にお悩みの方は参考にしてみてください。...

【おすすめ】韓国語を学ぶならオンライン受講もできるK Village

「韓国語を理解できるようになりたい」「韓国語を話せるようになりたい!」と考えている方が効率よく、挫折せずに学習を続けられる方法は韓国語教室に通うことです。

韓国語教室では、「韓国語を基礎から覚える方法」があり、「韓国語講師から楽しみながら学べる」というメリットがあります!
韓国語教室で学ぶメリット

  • 韓国語初心者でも基礎から学べるカリキュラムがある
  • 韓国人講師から本場の韓国語を学べる
  • 会話形式で学んでいくので楽しみながら学べる
  • 韓流ドラマや韓国語文化も触れながら学べる
  • オンライン・通学とニーズに応じて選べる

韓国語学習を始める上で大事なのは「基礎をまずは身につけること」です。多くの人はこの基礎学習で挫折をしてしまったり、時間を掛けすぎて思うように習得できなかったりします。

韓国語教室を活用すれば挫折せずに無駄なく、そして楽しみながら学ぶことができます!

多くの韓国語教室がありますが、Korean Withがおすすめするのは日本最大級の16校舎展開・オンラインでも学べるK Villageです。

業界最安値の韓国語教室K Village
Korean With編集部ではこれまで50以上の韓国語教室を紹介してきましたがその中でも最もおすすめできる教室です!
K Villageのおすすめポイント

  • 全国16校舎展開の日本最大級の韓国語教室で実績がある
  • 1回550円〜とレッスン価格がリーズナブル
  • 教室受講以外にもオンラインでのレッスン受講もできる
  • アットホームな雰囲気で楽しみながら韓国語上達ができる
  • マンツーマン・グループと受講スタイルを選べる

様々な韓国語教室がありますが、生徒満足度が95%と非常に高く、在籍生徒数もNo.1。優秀な講師から楽しく韓国語を学ぶことができます。

独学での学習やアプリ、教材、書籍での学習で韓国語を習得することは出来ますが、「効率よく韓国語を学びたい」「楽しみながら韓国語を学びたい」と考えている方は、1回550円〜レッスン受講できるK Villageをチェックしてみて下さい!

無料体験レッスンを実施しているので、オンライン・校舎で気軽に体験を受けて話を聞いてみるのがおすすめです。

※以下の公式サイトより無料体験の申込みができます。

K Villageの公式サイトをチェック!

韓国語教室K Village Tokyoの口コミ・評判【徹底調査】
韓国語教室K Village Tokyoの口コミ・評判【徹底調査】この記事では、韓国語教室のK Village Tokyoの特徴や口コミを徹底調査して詳しくまとめました!K Village Tokyoでの受講を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください!...

まとめ:韓国留学で使える奨学金はたくさんある!奨学金制度を利用してみよう

この記事では、韓国留学で利用できる奨学金制度を種類別に詳しく解説してきました。

韓国留学の際には、留学を支援する多くの奨学金制度が利用できることがお分かりいただけたかと思います。奨学金の情報は、時期や状況で変わりますので、奨学金を検討している方はこまめにチェックすることをおすすめします。

「お金がないから…」と留学を諦めるのではなく、「韓国留学に行きたい!」という夢を実現するためにも、奨学金を利用してみることをぜひ検討してみてくださいね。

この記事が、韓国留学の奨学金ついて詳しく知りたい方や韓国への留学に挑戦してみたい方のお役に立てたら幸いです。

また、奨学金を利用するためには、韓国語の語学力も必要になるケースが多いので、オンラインの韓国語教室に通うことも検討してみることをおすすめします。オンラインでは、移動の手間がかからず、場所を選ばずに受講ができるのもメリット。

以下の記事では、オンラインでおすすめの韓国語教室とその特徴、レッスン内容などを詳しく紹介しています。無料体験レッスンを受けることも可能ですので、気軽に始めてみましょう。

オンラインレッスンが受講できる韓国語教室おすすめ6選【徹底比較】
オンライン韓国語教室・講座おすすめ11選【徹底比較】この記事では、オンラインで韓国語を学べる講座を提供している教室・スクールを徹底比較してまとめました。韓国語のオンラインレッスンを提供している教室を探されている方は、ぜひ参考にしてください!...

その他、韓国留学に関する記事はこちらをチェック!

韓国留学でかかる費用を徹底まとめ!予算を把握しよう!
韓国留学でかかる費用を徹底まとめ!予算を把握しよう!この記事では、韓国留学で学費や生活費、その他かかる費用をを徹底的にまとめています。記事後半には、おすすめの留学エージェントや留学保険についても紹介していますので、韓国留学を検討している方や留学の費用が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。...
韓国語が全く話せなくても韓国留学はできる?初心者におすすめ勉強法を解説
韓国語留学を考えている人におすすめできる勉強方法【出発前に準備しよう】この記事は韓国語留学を考えている人におすすめできる勉強方法とシチュエーション別に覚えておきたい韓国語をご紹介しています。韓国留学に興味のある方や留学を検討してる方、韓国語の学習法にお悩みの方は参考にしてみてください。...
ABOUT ME
ゆかり
ゆかり
今までの人生で偶然にも韓国の方に関わる機会がたくさんあり、韓国に興味を持ったのがきっかけで韓国語を学び始めました。 現在はフリーランスで、Korean Withで記事執筆をはじめ、韓国のECサイトで翻訳業務、韓国ドラマの配給会社で字幕の校正、韓国語初心者向けのオンラインレッスンの講師をしてます。 TOPIK6級を取得していますが、さらに韓国語スキルアップのために日々勉強中!