韓国語留学

韓国留学に行く目的について徹底解説【留学経験者が語る】

韓国留学に行きたいけど、学べるものがあるのかどうか不安でなかなか一歩を踏み出せない…。経験者に話を聞いてから決めたいな!
ソウォン
ソウォン
こんにちは!編集部のソウォンです。私は大学在学中に韓国語に出会い、そこから韓国語の世界に魅了され、3年次には成均館大学に短期留学を経験。社会人になってからも、韓国ドラマを字幕なしで見ることを目標に掲げ、ハングル検定2級に合格。現在は、勤務先で韓国出張に同行し、通訳などを行っています。

今回の記事では、韓国留学に行く目的についてご紹介します。

留学先の国の中でも高い人気を誇り、ソウルや釜山といった複数の都市に語学堂や大学などの留学環境が整っている韓国。しかし、「実際に留学してプログラム修了まで居られるだろうか…」、「最後まで勉強をやり遂げられるか心配…」と悩んでしまう方も多いかと思います。

そこで、実際に韓国へ留学経験のある私が、韓国留学に行く際にチェックしておきたいポイントや留学する目的などを紹介していきます!

ぜひ、この記事を参考にしていただき、留学するかどうかを検討していただければと思います。

韓国留学に行く3つの目的【留学経験者の声】

それでは早速、韓国留学に行く際の目的についてご紹介していきます。

今回は、私とその周囲にいた留学生たちが、韓国へ留学に行くことを決めた目的を調査し、その中から代表的なものを3つ挙げています。

こちらを踏まえ、自身の目指す姿は韓国にあるのかどうかを見極めてみてくださいね!

韓国留学に行く3つの目的
  1. 将来、韓国と自国の架け橋になるため
  2. 本格的に韓国語を習得するため
  3. 韓国で生活の礎を築くため

1.将来、韓国と自国の架け橋になるため

1.将来、韓国と自国の架け橋になるため1つ目の目的は、「将来、韓国と自国の架け橋になるため」です。

これは、私の留学の目的でもあり、多くの留学生がこの目的を持って韓国まで来ていました。

韓国留学を考えている方の中にも韓国語を使った仕事に関わることで、日韓の交流を深めたいなどと思うこともあるのではないでしょうか?

私自身も留学中だけでなく、今でも日韓の架け橋になりたいと考えています。そして、この目的を持って留学に来ていた友人の中には、実際に目的を達成し夢を叶えた人もいます。

例えば、私の知り合いの方の中には、留学後に一度自国に帰り、貿易分野で経験を積んでから、また韓国に戻り会社を設立し韓国と自国を貿易で繋いだ方など。別の友人は、留学後、韓国の大学に進学後旅行会社に就職し、自国の観光客の観光案内として働くことで韓国と自国に携わっている方もいます。

このように、「留学をすること」を目的とするのではなく、留学を通過点として考えた時に、「その後の目的や目標を明確に持つことで、結果的に夢を叶えていると感じています。

留学生活という限られた時間を有意義なものにするためにも、できる限り具体的な目的と達成を目指す志を持つことで、より充実した留学生活を送ることができるでしょう。

2.本格的に韓国語を習得するため

2.本格的に韓国語を習得するため2つ目の目的は、「本格的に韓国語を習得するため」です。

この目的は、留学に行く人のほとんどが持っているものではないでしょうか。

まずは、語学の上達を目指したいという目的を持って、自国ではなく、現地でネイティブから学び、会話量を増やして一気に上達したいと考えるのは自然なこと。

また、K-POPの音楽や韓国ドラマから、多くの単語や文法を学び、韓国語の聞き取る力は鍛えることができても、話す力がなく「話したいけれど言葉が出てこない」と感じている韓国語学習者の方も多いのではないでしょうか。

私もそのような学習者の一人で、質問の意味は理解できるけれど、返事をするための単語を知らなかったり、言いたいことは頭に浮かぶけれど、韓国語に変換して話すことができないといった状態でした。

しかし、話す力を鍛えることに関して言えば、韓国への留学はこれ以上ないほど良い環境です。

留学してしまえば、学校の授業はほぼ全て韓国語で行われる上に、スピーチをする機会やディスカッションの機会も多くあります。そのため、自ずと話す力は養われますし発音に関しても、繰り返し厳しいテストが実施されて留学生同士で指摘し合うことも多々あります。

語学の上達は、やればやるほど身につくものなので、とにかく実践することが近道。

確実に語学を上達させたいという目的を持って、現地でネイティブから学ぶことのできる留学に踏み出してみるのも良いでしょう。

3.韓国で生活の礎を築くため

3.韓国で生活の礎を築くため3つ目の目的は、「韓国で生活の礎を築くため」です。

韓国で生活を将来的に考えているのであれば、事前準備として留学を経験するのは非常におすすめできます。

留学していた頃、留学生の中には、語学堂での留学を修了したそのまま大学に入るために入試の準備をする方もいました。

韓国では、受験競争が激しいため、大学に入るのが難しく、学歴社会であることも背景にあり、就職の際は大学卒業の資格(学士)を取得していることが前提としてあります。

学士の取得がないと、その先の就職は極めて困難であるのが実情。

そのため、留学生は語学堂を修了後、最低でも1年間は入試に備えて準備をする必要があります。

留学生の友人の一人は、現在韓国でカフェを経営していますが、彼女は語学堂を修了後、大学を卒業し、経営について学びました。その後、大手カフェチェーンの企業に入社し、さらに最近独立をし、最終的には自分のお店をオープン。

このように、韓国で生活の礎を築くための一歩目として留学しに来ている人もいるのです。

日本で大学を卒業するよりも少し長く勉強する時間は必要となりますが、将来、韓国で働きながら生活するという目標を持ち、留学に踏み切るのも良いでしょう。

韓国留学でモチベーションを維持するための2つの方法

続いて、韓国留学でモチベーションを維持するための2つの方法をご紹介します。

留学生活に慣れてくると、目的を見失ってしまったり、つい手を抜いてしまいたくなることもあるでしょう。そのような時は、どういった方法で乗り越えるべきかを留学経験者の体験を通じてご紹介します。

また、私の周りにいた留学生にも調査した結果ですので、ぜひチェックしてみてください!

モチベーションを維持する2つの方法
  1. 日記をつけること
  2. 勉強に適した場所を見つけること

1.日記をつける

1.日記をつける1つ目は、「日記をつけること」です。

これは、留学経験者の中で、意外にも一番多かった方法でした。

私の場合は、交換留学で留学に行っていたこともあり、日本の所属する大学から、日記をつけることを課題として出されていました。

当時は、仕方なくやっていたものでしたが、今となっては時々見返すこともあるほど宝物になりました。

コツは、毎日少しづつでも続けること。

1行でも2行でも良いので、毎日同じ時間に手帳を開くことを決めて実践すると、忘れずに
つけることができるでしょう。

今日行ったこと、頑張ったこと、失敗したこと、明日行うことなど、項目別に分けて記入していましたが、頭の整理にもなる上可視化できるので、自然と勉強に意識が向くようになります。

留学期間中は、準備しなければならない課題が常に山ほどあったので、メモの代わりに使っていたという声も多かったです。

そして何よりも、後から見返すことができるのが日記の魅力です。

私の場合、最初の2週間は日本語で書いていましたが、3週目からはハングルで書いていました。最初のうちは文法などのミスが多々ありましたが、半年後には筆跡だけでは韓国人とも思えるほど完璧な文法で書けるようになっており、成長の痕跡がよくわかります。

また、モチベーションが下がった時には、「もう少し寝たいな…」、「今日はハングルを見たくない」と書いている日も少なくはありませんでしたし、留学仲間も皆同じようなことを日記に書いていたと言っていました。

しかし、留学生活で挫けそうになった時や、諦めたくなった時に過去の日記を見返すことで、「この数週間、数ヶ月の努力が勿体無い」「もう少し頑張ってみよう」と思うことができ、モチべーションを保てたと話してくれましたね。

これから留学に行かれる方は、モチベーション維持のために、そして未来の自分のためにも、「留学日記」をつけることをおすすめします。

2.勉強に適した場所を見つけること

2.勉強に適した場所を見つけること2つ目は、「勉強に適した場所を見つけること」です。

これは、私が一番苦労した点でもあります。

留学当初は、図書館や自習室での勉強はもちろん、自宅の寮で行っていましたが、知り合いのいない場所で、一人きりで集中したいと感じ、二週間かけて勉強に適した場所を探しました。

学校が終わったあとは、カフェに行って勉強し、寮では復習のみと決めて取り組んだ結果、試験でも高い点数が取れるようになりました。また、勉強する場所にいくことで集中力が持続し、課題の進み具合もこれまでと違うと感じられるようになったのです。

加えて、寮から少し離れたカフェを利用していたことから、集中して勉強に充てられる時間も限られており「その時間の中でどのくらい集中できるか」という意識を持てたことが大きく異なった点であると感じています。

落ち着いた雰囲気の場所で、窓から漢川が見えることで気分転換となり、癒されることもありました。

このように、留学先で自分だけの勉強場所を見つけることも大切だと感じます。

毎日、学校と寮の往復だけになってしまい、留学生活が楽しめないという時は、一度その場所から離れ自分だけの勉強スペースを探しに行くのもモチベーションを維持するのに良いかもしれません。

先述の通り、カフェ文化が盛んな韓国には、お洒落で勉強に適したカフェがたくさんあります。ぜひ、留学期間中に、自身のお気に入りの勉強場所を見つけてみてくださいね。

まとめ:韓国留学に行く際は、具体的な目的を持って実行しましょう!

今回の記事では、留学生の中で多かった韓国留学の目的について、いくつかご紹介しました。

「韓国留学に興味はあるけれど、卒業までやり遂げられるか不安…」という声は度々耳にします。

しかし、その不安の原因は、目的が抽象的でぼんやりしていることが多いこともあるのではないでしょうか。

留学期間中に「必ずこの目的を達成する」という強い意思と、具体的な目的を持って臨めば不安なことはないと思います。

そして、留学生活に慣れると、勉強に対して妥協したくなったり、手を抜きたいといった怠惰の気持ちが生まれたりすることもあるでしょう。

モチベーションが下がってしまった時は、ぜひご紹介した方法を実践してみてください。

その他、Korean Withでは韓国留学に関する記事を用意しています。留学前の準備として以下もぜひチェックしてみてくださいね!

オンラインスクール

留学前に語学力を身につけたい方はオンラインスクールでの受講がおすすめ!

オンラインレッスンが受講できる韓国語教室おすすめ6選【徹底比較】
オンライン韓国語教室・講座おすすめ9選【徹底比較】この記事では、オンラインで韓国語を学べる講座を提供している教室・スクールを徹底比較してまとめました。韓国語のオンラインレッスンを提供している教室を探されている方は、ぜひ参考にしてください!...
韓国留学の情報・学習
韓国留学はおすすめできる?【特徴や費用などを解説】
韓国留学はおすすめできる?留学経験者が特徴や注意点などを解説今回の記事では「韓国留学のおすすめできる点」を体験談を交えて紹介しています。韓国留学のおすすめできる点や注意点を踏まえ、おすすめな点をまとめています。韓国留学を検討している方は参考にしてみて下さい。...
韓国留学中に韓国人の友達を作るにはどうする?おすすめの方法まとめ
韓国留学中に韓国人の友達を作るにはどうする?おすすめの方法まとめこの記事では、韓国留学中に韓国人の友達を作る方法をまとめました。韓国人と友達になるメリットも詳しく紹介しているので、「韓国留学を予定している方」や「韓国留学中の方」は、ぜひ参考にしてみてください!...
韓国留学を行うメリットを徹底解説【経験者談あり】
韓国留学に行くメリットを徹底解説【経験者談あり】今回の記事では「韓国留学のメリット」を体験談を交えて紹介しています。留学することのメリット・注意点などを踏まえて、体験談を交えてメリットをまとめています。韓国留学を考えている方は参考にしてみて下さい。...
韓国語が全く話せなくても韓国留学はできる?初心者におすすめ勉強法を解説
韓国語留学を考えている人におすすめできる勉強方法【出発前に準備しよう】この記事は韓国語留学を考えている人におすすめできる勉強方法とシチュエーション別に覚えておきたい韓国語をご紹介しています。韓国留学に興味のある方や留学を検討してる方、韓国語の学習法にお悩みの方は参考にしてみてください。...
韓国語が全く話せなくても韓国留学はできる?初心者におすすめ勉強法を解説
韓国語が全く話せなくても韓国留学はできる?初心者におすすめ勉強法を解説この記事では韓国語が話せない初心者でも留学はできること、留学前に最低限身に着けるべき基礎知識、初心者おすすめの学習法について解説しています。韓国留学を検討してる方、学習法に悩んでいる韓国語初心者の方は参考にしてみて下さい。...
韓国留学の費用
短期間の韓国留学でかかる費用は?学習効果なども詳しく解説
短期間の韓国留学でかかる費用は?学習効果なども詳しく解説この記事は短期間の韓国留学でかかる費用や得られる学習効果について解説し、記事後半では、短期留学を成功させるコツと留学前の事前準備まで詳しく解説しています。韓国へ短期留学を考えている方はぜひこの記事を参考にしてみてください。...
ABOUT ME
ソウォン
ソウォン
10歳から韓国ドラマの沼にハマり、18歳で成均館大学に短期留学。 韓国ドラマを字幕なしで見たいという想いから、現在もハングル検定やTOPIKを受け、学び続けています。 現在の職場では、ソウルや釜山への出張に同行し、ビジネスで使える表現を勉強中!今すぐ実践できる韓国語を発信していきます。