韓国語勉強コラム

韓国語の発音変化の簡単な覚え方を紹介【学習者が解説】

韓国語の発音って色々な変化をするから難しそう…。簡単に覚える方法が知りたい。
ゆかり
ゆかり
こんにちは!韓国語学習歴12年のゆかりです。独学や数多くの韓国語教室に通い続け韓国語学習を網羅し、韓国語能力試験(TOPIK)6級を取得した私が、Korean Withにて長年の学習経験や初心者向けの韓国語講師の経験をもとに韓国語の学習のお悩みや上達させるコツなどを解説しています。

今回は、韓国語の発音変化の一覧と簡単な覚え方を紹介します。

韓国語は、書いてある文字と読み方が一致しないことが多いので、ハングルの読み方だけ覚えても、実際に聞き取りできない、話せない、通じないことがほとんど。初級で学ぶ発音変化を覚えることが大変で、ここで韓国語学習を挫折したり、諦めてしまう方がとても多いのが現状です。

実際に、私は初心者向けの韓国語講座の講師をしていますが、発音変化に関して「難しい」「覚えられない」と思う方が本当にたくさんいらっしゃいます。

そこでこの記事では、分かりやすくまとめた韓国語の発音変化の一覧と簡単な発音変化の覚え方のコツをご紹介します。

「発音変化がよく理解できない方」や「難しくて韓国語学習を諦めたくなった方」は、ぜひ参考にしてみて下さいね!

おすすめオンライン韓国語教室
無料体験レッスン実施中!

韓国語の発音変化一覧【9種類】

韓国語の発音変化一覧【1つひとつ覚えよう】ここでは、発音の変化をまとめて解説していきます。今回は初級でマスターしたい9種類を一覧にしました。

発音変化を言語化して説明すると、難しく感じてしまいますが内容はわかりやすくまとめてあるので、1つひとつ確認してみてくださいね。

発音変化【9種類】
  1. 有声音化
  2. 連音化
  3. 鼻音化
  4. 「ㅎ」弱音化
  5. 激音化
  6. 濃音化
  7. 流音化
  8. 母音「ㅢ」の発音
  9. 口蓋音化

では、順番に見ていきましょう。

1.有声音化

まずは韓国語の発音変化の中でも、基礎の中の基礎である有声音化についてです。有声音化とは「音が濁るように聞こえる」ことをいいます。

有声音化になるパターンの1つ目は、母音の次の「ㄱ」「ㄷ」「ㅂ」「ㅈ」 は有声音。つまり、音が濁ります。

以下で発音の仕方の例を紹介していきますね。

아기 (赤ちゃん)これは文字だけ見れば「アキ」と読めますが、ㅏの母音の次に「ㄱ」がつくので発音はキが濁って「アギ」。

누구(誰)これは文字だけ見ると「ヌク」と読めますが、ㅜの母音の次に「ㄷ」がつくので発音はクが濁って「ヌグ」。

同様に母音の次に「ㅂ」「ㅈ」が来る場合は、나비(蝶)は「ナピ」→「ナビ」、여자 (女性)は「ヨチャ」→「ヨヂャ」になります。

また、パッチム「ㄴ」「ㄹ」「ㅁ」「ㅇ」の次の「ㄱ」「ㄷ」「ㅂ」「ㅈ」は有声音になります。

有声音の例
  • 한국(韓国)「ハンクク」→「ハングク」
  • 강당(講堂)「カンタン」→「カンダン」
  • 일번(一番)「イルポン」→「イルボン」
  • 감자(じゃがいも)「カムチャ」→「カムヂャ」

※パッチム「ㄹ」の次は「ㄱ」「ㄷ」「ㅂ」「ㅈ」は濃音化される場合もあります。

2.連音化

連音化とはパッチムの次に母音「ㅇ」が続く場合はパッチムは「ㅇ」に移動して発音されます。

ここでも、以下で発音の仕方の例を紹介していきます。

일본은(日本は)「イルボンウン」と読みますが、実際の発音は「ㄴ」が「ㅇ」に移動して일보는「イルボヌン」。

넓어요(広いです)「ノルオヨ」と読みますが、実際の発音は「ㅂ」が「ㅇ」に移動して널버요「ノルボヨ」。

역에서 (駅で)「ヨクエソ」と読みますが、実際の発音は「ㄱ」が「ㅇ」に移動して여게서「ヨゲソ」。となります。

3.鼻音化

鼻音化とは鼻にかかったような音の変化することをいいます。

口音のK型「ㄱ」「ㅋ」「ㄲ」、P型「ㅂ」「ㅍ」 T型「ㄷ」「ㅅ」「ㅆ」「ㅈ」「ㅊ」「ㅎ」「ㅌ」のパッチムの後に鼻音「ㅇ」「ㄴ」の子音がつく場合パッチムは鼻音化します。

代表的な発音の例としては、입니다(〜です)「イプニダ」→임니다「イムニダ」です。

これは韓国語学習者なら自然に使えるかと思います。

4.「ㅎ」弱音化

弱音化とは、パッチム「ㄴ」「ㄹ」「ㅁ」「ㅇ」に続く「ㅎ」の音は弱くなったり、パッチム「ㅎ」に「ㅇ」が続くと「ㅇ」に発音が変化します。

代表的な発音の例
  • 은행(銀行)「ウンヘン」→으냉「ウネン」
  • 번호(番号)「ボンホ」→버노「ボノ」
  • 결혼(結婚)「キョルホン」→겨론「キョロン」
  • 전혀(全く)「チョヒョ」→저녀「チョニョ」

5.激音化

激音化とは、パッチムK型「ㄱ」、 T型「ㄷ」、P型「ㅂ」に「ㅎ」が続くと激音(激しい息を吐いて発音)「ㅋ」、「ㅌ」、「ㅍ」にそれぞれ変化し、パッチム「ㅎ」に「ㄱ」「ㄷ」「ㅂ」「ㅈ」は「ㅋ」、「ㅌ」、「ㅍ」、「ㅊ」にそれぞれ激音に発音が変化することをいいます。

代表的な発音の例
  • 백화점(デパート)「ペクファジョン」→배콰점「ペッカジョン」
  • 부탁합니다(お願いします)「プッタクハムニダ」→부타캄디다「プッタッカムニダ」
  • 축하합니다(おめでとうございます)「チュックハハムニダ」→추카합나다「チュッカハムニダ」

6.濃音化

濃音化とはパッチムK型「ㄱ」、 T型「ㄷ」、P型「ㅂ」に「ㄱ」「ㄷ」「ㅂ」「ㅅ」「ㅈ」が続く場合、濃音(喉を詰まらせて発音) 「ㄲ」「ㄸ」「ㅃ」「ㅆ」「ㅉ」に変わります。

代表的な発音の例
  • 숙제(宿題)「スクジェ」→숙쩨「スッチェ」
  • 식당(食堂)「シクダン」→식땅「シッタン」
  • 학교(学校)「ハクキョ」→학꾜「ハッキョ」

7.流音化

流音化とはパッチム「ㄴ」と「ㄹ」が続く場合、どちらの発音も「ㄹ」になることをいいます。

代表的な発音の例
  • 편리(便利)「ピョンリ」→펼리「ピョルリ」
  • 연락(連絡)「ヨンラク」→열락「ヨルラク」
  • 설날(正月)「ソルナル」→설랄「ソルラル」

8.母音「ㅢ」の発音

母音「의」の発音は文章の中でどこに来るかで発音の仕方が変わります。

まず、「의」が文の頭に来るときは、口を横に広げて「ウィ」と発音する。

代表的な発音の例
  • 의자(椅子)「ウィジャ」→次に文の頭でないときは「이」「イ」と発音する
  • 회의(会議)「フェイ」→続いて助詞で使われる「~の」で使われるときは「에」「エ」と発音する
  • 나의 찬구(私の友達)「ナエチング」

9.口蓋音化

口蓋音化はパッチムの「ㄷ」「ㅌ」の次に「이」が来るとそれぞれ「ㅈ」「ㅊ」に発音が変わります。

代表的な発音の例
  • 해돋이(日の出)「ヘドッイ」→해도지「ヘドジ」
  • 같이(一緒に)「カッティ」→가치「カッチ」

 韓国語の発音変化の簡単な覚え方

ここまで、発音変化を9種類、詳しくまとめて解説しました。上記の発音変化を丸暗記するのは、数も多く難しく感じてしまう方もいるかと思います。

ここからは、韓国語の発音変化の簡単な覚え方を紹介していきます。

ご自分に合った方法で、発音変化をマスターしましょう。

発音変化の覚え方
  1. シャドーイングを行う
  2. 繰り返し聞く
  3. 単語帳を使う

順番にご紹介します。

1.シャドーイングを行う

シャドーイングシャドーイングとはネイティブの発音音声を聞いたあと、すぐにそっくり同じように発音する学習方法。

とにかく発音変化の練習は、声に出して読むことが最も重要になります。シャドーイングをすることによって、発音変化を覚えられるだけでなくイントネーションやリズム感も同時に鍛えられるのでとてもおすすめ。

韓国語の発音変化は頭の中で計算式のように考えていると言葉に出てこなくなります。

頭で考えるよりたくさん読んで、練習して慣れることが韓国語の発音変化を簡単に覚えられる一番の近道になりますよ。

シャドーイングの教材もたくさんあるので、そちらも参考にしながら練習してみて下さいね。

韓国語のシャドーイング学習ができる!おすすめの教材を紹介【5選】
韓国語のシャドーイング学習ができる!おすすめの教材を紹介【5選】この記事では、韓国語のシャドーイングにおすすめの教材をまとめて紹介しています。それぞれの特徴や内容を詳しく解説しているので、韓国語のシャドーイング学習を行いたい方は、ぜひ参考にしてみてください!...

2.繰り返し聞く

繰り返し聞く

冒頭で書いたように韓国語は書いてある文字と読み方が一致しないことが多いので、ハングルの読み方だけ覚えても実際に聞き取りできないことが多いです。

単語自体の発音、意味は分かるのに、文章になると発音変化が起こる事によって単語自体も聞き取れないことが良くあります。

つまり、机に向かってテキストや学習書などで発音変化を読んで書いて覚えても音声で聞くと何の内容かさっぱり分からないのです。

発音変化一覧は参考程度に頭に入れておくだけで大丈夫。

単語をある程度理解したら、例文をとにかく繰り返し聞きましょう。そうすることで、耳が慣れていつの間にか頭で考えなくても自然に理解できるようになってるでしょう。

3.単語帳を使う

単語帳を使う最後は単語帳を使って発音変化を覚えることです。韓国語の単語帳はだいたい単語と一緒に発音の仕方が載ってるものがほとんど。

単語帳を使って練習していくと、発音変化のルールが分かってくるので、ハングルの発音変化のルールをしっかり頭で理解して、しくみから覚えたい方にはおすすめです。

連音化などは慣れるまでは文字で見た方が発音しやすいですよ。

韓国語が学べるおすすめの単語帳まとめ【ランキング形式7選】
韓国語が学べるおすすめの単語帳まとめ【ランキング形式7選】この記事では、韓国語が学べるおすすめの単語帳をレベル別に紹介しています。それぞれの特徴や内容、どんな方におすすめかを詳しく解説しているので、単語帳を探されている方は、ぜひ参考にしてみてください!...

【おすすめ】韓国語を学ぶならオンライン受講もできるK Village

「韓国語を理解できるようになりたい」「韓国語を話せるようになりたい!」と考えている方が効率よく、挫折せずに学習を続けられる方法は韓国語教室に通うことです。

韓国語教室では、「韓国語を基礎から覚える方法」があり、「韓国語講師から楽しみながら学べる」というメリットがあります!
韓国語教室で学ぶメリット

  • 韓国語初心者でも基礎から学べるカリキュラムがある
  • 韓国人講師から本場の韓国語を学べる
  • 会話形式で学んでいくので楽しみながら学べる
  • 韓流ドラマや韓国語文化も触れながら学べる
  • オンライン・通学とニーズに応じて選べる

韓国語学習を始める上で大事なのは「基礎をまずは身につけること」です。多くの人はこの基礎学習で挫折をしてしまったり、時間を掛けすぎて思うように習得できなかったりします。

韓国語教室を活用すれば挫折せずに無駄なく、そして楽しみながら学ぶことができます!

多くの韓国語教室がありますが、Korean Withがおすすめするのは日本最大級の16校舎展開・オンラインでも学べるK Villageです。

業界最安値の韓国語教室K Village
Korean With編集部ではこれまで50以上の韓国語教室を紹介してきましたがその中でも最もおすすめできる教室です!
K Villageのおすすめポイント

  • 全国16校舎展開の日本最大級の韓国語教室で実績がある
  • 1回550円〜とレッスン価格がリーズナブル
  • 教室受講以外にもオンラインでのレッスン受講もできる
  • アットホームな雰囲気で楽しみながら韓国語上達ができる
  • マンツーマン・グループと受講スタイルを選べる

様々な韓国語教室がありますが、生徒満足度が95%と非常に高く、在籍生徒数もNo.1。優秀な講師から楽しく韓国語を学ぶことができます。

独学での学習やアプリ、教材、書籍での学習で韓国語を習得することは出来ますが、「効率よく韓国語を学びたい」「楽しみながら韓国語を学びたい」と考えている方は、1回550円〜レッスン受講できるK Villageをチェックしてみて下さい!

無料体験レッスンを実施しているので、オンライン・校舎で気軽に体験を受けて話を聞いてみるのがおすすめです。

※以下の公式サイトより無料体験の申込みができます。

K Villageの公式サイトをチェック!

韓国語教室K Village Tokyoの口コミ・評判【徹底調査】
韓国語教室K Village Tokyoの口コミ・評判【徹底調査】この記事では、韓国語教室のK Village Tokyoの特徴や口コミを徹底調査して詳しくまとめました!K Village Tokyoでの受講を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください!...

まとめ:韓国語の発音変化は頭で覚えず、慣れる練習をしましょう!

今回は韓国語の発音変化9種類と簡単な発音変化の覚え方を紹介しました。

発音変化を全部覚えるのは、正直難しいです。韓国語の発音変化は計算式のようなので、「このパッチムの次にこの子音が続くとが発音が変化して…」など考えていたら、スラスラ韓国語を話すことは、ほぼ不可能といえます。

私は韓国人の知り合いがたくさん居ますが、そもそも韓国人も上記で説明した発音のルールを知らないことがほとんど。

私も友達の韓国人に、なぜ「あたたかい」を「あったかい」って言うの?とか区役所は「しょ」なのに両替所は「じょ」なの?と聞かれたことがありますが、日本語を使ってる私でも発音のルールを理解してません。

このように、みんな無意識で発音しているので、無理に発音変化を丸暗記したり頭で覚えなくても大丈夫です。慣れてくると発音変化した方が言いやすいので自然にできるようになってきます。

楽しくコツコツと続けることが韓国語の発音変化をマスターする一番の近道でしょう。

また、発音を学ぶには実際に講師に向かって練習する方法もおすすめです。オンラインで受講できる教室もあるのでぜひ以下もチェックしてみましょう!

韓国語教室まとめ
韓国語の発音を学びたい人向け!おすすめ教室4選【編集部が紹介】この記事では、韓国語の発音を学びたい方向けのおすすめの韓国語教室をまとめました。各教室の特徴やレッスン内容を詳しく解説しているので、この記事を参考に、自分に合った教室を見つけてみてください!...

その他、アプリや学習に関する情報は以下が参考になります。

アプリ・韓国語学習まとめ
韓国語の発音練習アプリおすすめ3選【発音を学ぶ重要性も徹底解説】
韓国語の発音練習アプリおすすめ3選【発音を学ぶ重要性も徹底解説】この記事では、韓国語勉強に役立つ発音練習アプリをまとめて紹介しています。各アプリの内容や特徴を詳しく解説しているので、アプリを使って韓国語の発音練習を行いたい方は、ぜひ参考にしてください!...
韓国語の発音が学べる本を紹介【勉強法なども解説】
韓国語の発音が学べる本・教材を紹介【勉強法なども解説】この記事では、韓国語の発音が学べるおすすめの本をまとめて紹介しています。それぞれの特徴や内容を詳しく解説しているので、韓国語の発音を学びたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!...
ABOUT ME
ゆかり
ゆかり
今までの人生で偶然にも韓国の方に関わる機会がたくさんあり、韓国に興味を持ったのがきっかけで韓国語を学び始めました。 現在はフリーランスで、Korean Withで記事執筆をはじめ、韓国のECサイトで翻訳業務、韓国ドラマの配給会社で字幕の校正、韓国語初心者向けのオンラインレッスンの講師をしてます。 TOPIK6級を取得していますが、さらに韓国語スキルアップのために日々勉強中!
RELATED POST